ヒタスタイルコラム再録 16 砂の嵐

砂の嵐

ヒタスタイルコラム再録 16 砂の嵐 2015年6月号

 

「おい 教えてやるき、誰にも言うなよ。真夜中2時か3時頃テレビでめちゃくちゃイヤラシイ番組がありよるきこそーっと見れよ。そうそう番組名は砂の嵐、絶対誰にも言うなよっ!」

中学に入り、そろそろ中学生ライフに慣れ、なんだか色んなモノに目覚めだした頃、聞きもしないのになんだか色んなコトを教えてくれた先輩からこう囁かれた。

深夜オールナイトニッポンを聴きながら待機。当時テレビは茶の間に一台のみ。2時少し前に忍び足で茶の間に浸入、後にも先にも 忍び足で自分の家を歩くのはあの時期の、アレに関する時くらいのものだろう。

音量を下げ、スイッチを入れる。。。

「シャーーーーッ」

しまった!どのチャンネルか聞いてなかった!

まさかNHKじゃないだろうから残る選択肢はふたつ「8」か「U」

家族が最後に見たであろうNHK「5」から「8」まで慎重に音をたてないようにチャンネルを回す。もちろんリモコンなんてない時代。チャンネルも重量感があり、回す音もとりわけ深夜には大きく響く。6・7・8!

「シャーーーーッ」

「Uか。。」

8からUは遠い。

一度家族の睡眠状態を確認するため意味のないトイレに行き慎重にチャンネルを回す。

8・9・10・11・12・U!

「シャーーーーッ」

先輩の家 福岡の放送映るって言よったねー。Uの他のチャンネルは幸いチャンネルに引っ掛かりがなくスイスイ回せる。所々弱い電波に反応し、なんか映ったような気がするがなんとなくこちらが望んでるような雰囲気ではない。

今日はここで諦めようとチャンネルを元のUに合わせようとしても放送終了なので「シャーーーッ」仕方なく適当に合わせて撤収。

翌朝、朝食時にUが映らんと大騒ぎ。音もなんか小さいね~なんて言われてる。その日はそそくさと朝食を済ませいつもより早く学校に着いたのは言うまでもありません。

今はもうデジタル放送になってあの伝説の番組「砂の嵐」を見ることができなくなってしまいました。

アナログの噂や都市伝説の嵐の中を自身の身体を使って蠢いてたあの頃の中・高生。現在の中・高生はデジタルやバーチャルの海の中を指先ひとつで蠢いているのだろうか。

 

コラム後記 砂の嵐はもう見れないのか。

アナログ時代のテレビに砂の嵐はつきもの。でこの手のネタも全国共通だったようで、大学生になって他の地方の友達も砂の嵐には騙されたって言ってた友人が結構いた。と言う事はSNSがない時代に口コミでひろがっていったのだろう。縦にひろがる、つまり先輩から後輩に受け継がれていく様はよく理解できる。自分が騙された事を初心な後輩にやり返そうという心理は永遠のもので、長くひろがる、というか継承される。

問題は横の広がり。日本で初めてこれを考えたついた人が誰かに教えて、そのまた誰かが、誰かに教えて、という感じでは露がっていったのだろう。もしくはテレビやラジオで盛り上がったのかもしれない。それにしても昔の口コミ力はすごい。口裂け女なんてのも全国的にはやった。ネットですぐに調べられ、本当のことらしきことが瞬時にわかってしまう世の中で、もうあの砂の嵐のような現象は実物と共に見れないのかもしれない。

The following two tabs change content below.

Kiyo

・九州の盆地大分県日田市でダイニングバーSTEPSを営む。 ・1967年生れ。地元日田高校から埼玉県城西大学へ、卒業後福岡にて宝石屋、レオタード屋さんを経て2003年帰郷。 ・STEPSを営む傍、2010年より野外音楽イベント「ボンチサウンドフェノメノン」を企画運営。 ・2013年から地元情報誌「ヒタスタイル」にてコラムを連載中。 ・2014年から音楽サイトにて記事を執筆。 ・2017年「ステップスカラー」オープン