「渋谷 アムラーの聖地へ」ドキュメント72時間

ドキュメント72時間

アムラーの聖地渋谷109

安室奈美恵の引退の日にそこに集まる人々の72時間。

特設ショップや、ガチャ、手形、衣装の展示などのイベントが行われている109。

個人的には、安室奈美恵にも109にも思い入れはないが見てみましょう。

 

圧倒的に女性が多い、しかも安室ちゃんの同世代、世代ガッツリの方にはやはりカリスマなんだろう。

インタビュー受けた方にたまたま多かったのかもしれないが、地方からやってきてる方も多かった。

もしかしたら109のお客さんも案外地方層が多いのかもしれないし、マーケティング的にもその層が安室人気を支えてたのかもしれない。

東京や渋谷にあこがれを抱く最後の世代なのかもしれない。

今どきの若い子はあんまり都会にあこがれるよりも地元でもいいじゃん的な考え方が多く見受けられ、そんな世代には圧倒的なカリスマ人気を誇るスターが出てきにくい。

安室奈美恵引退にも、そんなマーケティングの中で下された判断という側面もあるだろう。

そんなことを考えながら、感情の盛り上がりもなく今回は終了。

それにしても、好きなアーティストについて語るときは皆いい顔しているなぁ。

 

The following two tabs change content below.

Kiyo

・九州の盆地大分県日田市でダイニングバーSTEPSを営む。 ・1967年生れ。地元日田高校から埼玉県城西大学へ、卒業後福岡にて宝石屋、レオタード屋さんを経て2003年帰郷。 ・STEPSを営む傍、2010年より野外音楽イベント「ボンチサウンドフェノメノン」を企画運営。 ・2013年から地元情報誌「ヒタスタイル」にてコラムを連載中。 ・2014年から音楽サイトにて記事を執筆。 ・2017年「ステップスカラー」オープン