「東京駅 銀の鈴 で会いましょう」ドキュメント72時間

ドキュメント72時間

今回は、東京駅の待ち合わせのメッカ「銀の鈴」の前での72時間。

待ち合わせ という感じが今も残ってるのがさすが大都会東京。

そしてやっぱりたくさんの待ち合わせをしている方がいる。

確かに待ち合わせってなんだかハッピーな香りがする。

そういえばその昔合コンにも待ち合わせで行ったことが結構あった気がする。主催者同士のみが顔見知りでドキドキしながら待ち合わせしても、お相手の主催者以上のかわいい女子が来ることは一度もなかった。この謎はいまだに科学的には解明されてないようだ。

 

さて今回の72時間やはりハッピーな待ち合わせが多いが、そこは72時間若干のペーソスが入り込んでくる。

母と娘の待ち合わせも、そうやって親子で楽しむ時間は今しかないという哀愁が裏にはあったり、KPOP鑑賞仲間が各地方から集まってライブに行く待ち合わせでも、それが終われば日常が待っている哀愁、列車旅行が趣味のご婦人は待ち合わせの何時間も前から現れウキウキが止まらなく、その後孫さんと息子さん夫婦と共に四国までの寝台車に乗り込んでいく姿も今しかないという気にさせられる。

そんななか、72時間ではいつもいい味出してくれる初老から老人と言われる年齢の先輩がた、今回は小学校からの同級生との待ち合わせしている77歳の男性。お相手が体調を壊しているそうで、定期的にあってるという。

が、今回なかなか来ないソワソワして、電話しても来ないがなかなか銀の鈴の前から離れられずに30分。お相手はひょっこりと表れ30分時間を間違えてたとも勘違い。これもおおらかな笑顔でノープロブレム。「俺たちしあわせだなぁ」の言葉が身に沁みる。

そして今回の主題歌投入は東北から大阪まで帰るのに台風で足止めを食って沢山の荷物を持っている女性。

一見明るそうな彼女にお話を聞いてみると、今朝お父様が亡くなったらしく、台風で大阪まではいけないとわかっていながら電車に飛び乗ったという。お父さんへの想いを語ると思わず彼女のほほを涙だ伝う。

泣かされてしまった。

さすが72時間台風で運休の東京駅でもドラマを拾う引きの強さ!

そして最後は高校生の留学生達との別れで未来を照らす、いい編集です。

 

 

The following two tabs change content below.

Kiyo

・九州の盆地大分県日田市でダイニングバーSTEPSを営む。 ・1967年生れ。地元日田高校から埼玉県城西大学へ、卒業後福岡にて宝石屋、レオタード屋さんを経て2003年帰郷。 ・STEPSを営む傍、2010年より野外音楽イベント「ボンチサウンドフェノメノン」を企画運営。 ・2013年から地元情報誌「ヒタスタイル」にてコラムを連載中。 ・2014年から音楽サイトにて記事を執筆。 ・2017年「ステップスカラー」オープン