「海上保安学校青春グラフティー」ドキュメント72時間

ドキュメント72時間

海上保安庁を目指す、海上保安学校 夏休み前の72時間。

やはり、映画「海猿」の影響で入学希望者が増えている。自衛隊と同じくこの学校は国から給料がもらえるという。海に囲まれたこの国で海上の安全を担う若者の育成にはこれも良い事だと思う。

また沖縄出身者も多い。県の就職先がなかない為公務員志望が多いのと、尖閣諸島問題もあり関心は高いようだ。全体の10%を占めるという。

見たところ、女性の数も想像より多い。男性には負けないという意気込みの女性も多く見受けられる。

そんな彼ら彼女らも素顔は10代後半から20代前半の若者。過酷な訓練の合間に見せる素顔が微笑ましい。

二日目は年に一度の5.5K泳ぐ遠泳訓練!

二人一組のバディとなっての遠泳、泳ぎが苦手なバディを励ましながら4時間以上の遠泳、まさに青春。

今どきの子らしく屈託がない。

どうしても我々の世代だと、全寮制だといじめだとかをイメージしてしまうがどうやらここにはそんなことはないようだ。

いやそんな暇があったら自分自身を鍛えたりする方が良いと考える子ばっかりに見える。

日本の未来も明るいと思わされた今回の72時間でした。

The following two tabs change content below.

Kiyo

・九州の盆地大分県日田市でダイニングバーSTEPSを営む。 ・1967年生れ。地元日田高校から埼玉県城西大学へ、卒業後福岡にて宝石屋、レオタード屋さんを経て2003年帰郷。 ・STEPSを営む傍、2010年より野外音楽イベント「ボンチサウンドフェノメノン」を企画運営。 ・2013年から地元情報誌「ヒタスタイル」にてコラムを連載中。 ・2014年から音楽サイトにて記事を執筆。 ・2017年「ステップスカラー」オープン