真夏の夜の夢 チャックベリー&ウイルソンピケット&ベンEキング&T-TAKEDA

BEKING

昔話です。 

大学生の頃ソウル好きの友達2人が福岡 海ノ中道野外で「武田鉄矢プレゼンツ真夏の夜の夢!」なるイベントがあるのでいこうぜっと電話があった。

は?武田鉄矢⁉︎ と思ったがよくよく聞いてみるとこういう事だった。友達もなぜ武田鉄矢プレゼンツだか分らないが、チャックベリー、ウィルソンピケット、ベンEキング、と白人のロカビリーグループ(名前忘れました)の4組の野外ライブイベントだとの事。

当時埼玉に住んでたんだが、ちょうど夏休みで帰省するのでチケットを頼んだ。

ふっと福岡だけのイベントかな?と思い「ぴあ」買ってみると 謎が解けました!

この4組東京ではR&Rナイト(Cベリー&白人バンド)とSOULナイト(Wピケット&BEキング)の2デイズのイベントで通し券あり、1日券ありのイベントだった。ハコもそこまで大きくない所だったと思う。

で九州上陸にあたり 海ノ中道屋外音楽堂(当時できてすぐくらいか?)のキャパを考えスタンドバイミーの映画が当たってリバイバルヒットのBEキングがいるものの動員が弱いと思ったプロモーターが地元の雄 T-TAKEDEをブッキングしたのではないか!(ホボ憶測ですがホボ当たってるのでは)

そしてライブ当日。

今ほど規制も強くない野外ライブ。

ビール飲みながら座ってると、司会の鉄矢登場しイロイロ喋り一組目の白人バンド なかなか 小気味いいよいR&Rで好感が持てる演奏。

またテツヤMCの後BEキングもうこの頃は酔いが回って最高の気分。夕焼けに響く「スタンドバイミー」には感動。

で又鉄矢登場「続いてはウイルソン・チケットさんです!」

「こら~テツヤ~なんば言よっとかっ!チケットやなかろうが!ピケットやろ!」「やっぱソウル知らんのやろ~。お仕事お仕事か!」

と野次を飛ばしつつ「インザミッドナイトアワー」から始まるソウルショウにぶっ飛び!「ダンス天国」で昇天!

でここで ふと気がついたんです。僕ら3人の前に年恰好も同じような男3人組が居たんだけど、全然盛り上がってない、ずーっと体育座りで見てる。背の低い僕的には前の人が立ってないというのは大助かりだったんだが それにしても元気が無さすぎる。もしかしてバリバリのCベリーファンでそれ以外は認めないっって奴か?いやいやタダ券もらってしまってワケ分らず来てしまったんじゃない?などと友達3人で憶測してた。

ココで再びて鉄矢登場 

「私ものってきたんで何曲かうたいま~す!」

ここぞとばかり我々3人トイレ&ビール補給に!同じ事考えてる人も多いみたいでトイレは大渋滞。

で席に帰ってみるとびっくり!

八割方座ってる観客を尻目に、前の男3人組立って声援を送ってるではないか!テツヤファンだったか!

ヤバイ!さっきの野次間違いなく聞こえてるはず・・スマぬ・・と思ってると元気に、あんたが大将~あんたが大将!のコールアンドレスポンスもキメてる!

あんなに元気が無かったのに最後はJ・O・D・ANをYMCAよろしくやってるではないか!しかもANのとこはヤケに速い!楽しんでる姿見てなぜだか少しほっとした。

最後Cベリーは盛り上がったもののヤッパリソウルがいいなと思いながら「ジョニーBグッド」が終わってフッと前を見るとすでにテツヤファンはすでに撤収してました。凄い割り切り!ある意味カッコいい!

30年近くまえの真夏の夜の夢でした。

The following two tabs change content below.

Kiyo

・九州の盆地大分県日田市でstepscolorを営む。 ・1967年生れ。地元日田高校から埼玉県城西大学へ ・卒業後福岡にて宝石屋、レオタード屋さんを経て2003年帰郷 ・2010年より野外音楽イベント「ボンチサウンドフェノメノン」を企画 ・2013年から地元情報誌「ヒタスタイル」にてコラムを連載 ・2014年から音楽サイトにて記事を執筆 ・2017年「ステップスカラー」オープン ・2019年 地元テレビ局KCVにて「噂のマスターに会いに行く」コーナー担当日田のうまい飲み屋を紹介しています。