真夜中の背徳 カップヌードル 四川麻辣よだれ鶏味

カップヌードル四川麻辣よだれ鶏味

こんばんは大分県日田市のバーステップスカラーのkiyoです。

仕事柄、夜遅く深夜の帰宅になるのは当たり前

仕事柄、お酒を飲んで帰るのも当たり前

そうなると、アレだ。

お腹が減ってくるわけですね。

しかし52歳おっさんの夜食は危険です。

翌日の胸焼けに加え、お腹周りのアップし、中性脂肪もアップします。

何もなければ諦めもつくのですが、買い出しの時に新しいカップ麺なんか見つけると買ってしまうタイプなんでありますわたくし。

そこで見つけたのがこれ

カップヌードル四川麻辣よだれ鶏味

 

 

四川麻辣よだれ鶏味

辛い物好きにはたまらないネーミング

しかも、エスニック料理屋さんがに少ない田舎では、日清さんにはトムヤムヌードルを始め色々とお世話になってるので、買わない選択肢はありません。

四川麻辣よだれ鶏味 早速オープン

四川麻辣よだれ鶏味

トムヤムヌードル同様、スパイスの小袋がついています

四川麻辣よだれ鶏味

謎肉的なのも入っています

期待がもてます

そして、自分流儀の少なめのお湯を投入して3分

いや2分40秒

四川麻辣よだれ鶏味

ここにきてニラが存在感を増しています。

このまま食べるもイマイチパンチに欠ける

そして、香りの小袋を投入

やはり味がグッと引きしまる。

夏の夜にはちょうどいい辛さと美味さが、一層の背徳感を増す。

実は、四川麻辣よだれ鶏なるもの本物を食べたことがないので

再現率は語れないが、これはこれで十分うまい。

今時、バンドTシャツをそのバンド知らずに着ているご時世。

よだれ鶏を食べてなくてもカップヌードルで知って、何が悪い!

ということで、辛いもの好きな方、エスニック中華系好きな方におはオススメの一品です!

カップヌードル四川麻辣よだれ鶏味の情報

日清の四川麻辣よだれどりのホームページ

アマゾンでも買えます

The following two tabs change content below.

Kiyo

・九州の盆地大分県日田市でダイニングバーSTEPSを営む。 ・1967年生れ。地元日田高校から埼玉県城西大学へ、卒業後福岡にて宝石屋、レオタード屋さんを経て2003年帰郷。 ・STEPSを営む傍、2010年より野外音楽イベント「ボンチサウンドフェノメノン」を企画運営。 ・2013年から地元情報誌「ヒタスタイル」にてコラムを連載中。 ・2014年から音楽サイトにて記事を執筆。 ・2017年「ステップスカラー」オープン