ヒタスタイルコラム再録 36 雪の為休校

ヒタスタイルコラム再録 雪のため休校 2017年2月号掲載

なぜかセンター試験の時は大雪になる事がよくある気がします。

その昔の共通一次試験の時もそう感じました。

試験の時などは本当に大変で受験生にとっては迷惑な雪となってるでしょうが、一般の学生にとっては休校になる絶好のチャンス。

九州のこの街でも年に一回くらいは大雪で学校がお休みになる事があります。

 

休校の連絡網が回ってくる朝、寒くて起きれないはずなのに既に電話の前でスタンバイ。

黒電話のベルがなる前の一瞬の間、人間で言うと話し出す前の唾を飲み込むような間。

その間が終わるか終わらないかの時には受話器を取ってる。

案の定連絡網、前の家からで無事休校のお知らせに小さくガッツポーズ。

小学生3~4年位までは、兄弟で庭や近所で小さな雪だるまを作るのが関の山だったのが高学年になると友達と連れ立って遊びに行く。

普段とは違った白い街並みにテンションも上がりまだ誰も踏んでない雪を見つけては足跡をつける。

足跡つけに飽きてくればもちろんお次は人型。

大の字になって雪にダイブ、仰向けうつ伏せ両面ダイブ。

ひと通り雪にマーキングが終わればもう後は雪合戦。

その頃にはもう九州の雪はビチャビチャに近い状態、そのビチャ雪もぎゅっと固めれば結構な武器になり、逆に硬度は増す。

そして誰かが泣くまで合戦は終わらない。

中学、高校になるともう連絡網は待たない。

普段は遅刻ギリギリなのに早めに家を出る、いつもの通学メンバーもそこは阿吽の呼吸、同じ時間に集合し少年の心で白く染まった通学路で遊ぶ。

雪合戦はもちろん、やけに路面が凍ってる橋の上ではスケートの真似事からの押し合いへし合い。

これまた誰かが派手にこけるまで続く。旧亀山橋の歩道は特によく滑ってたように思う。

人気の少ない学校に着けば、保健室のストーブで濡れた学生服を乾かし暖をとる。

同じくあえて学校に来た奴らと本気の雪合戦で先生から、はよ帰れ!と怒られ渋々帰宅。

今年も雪で休校の際には平成の学生さんもスマホで撮影もイイですが、外に出てフィジカルに雪を体験してみませんか。

The following two tabs change content below.

Kiyo

・九州の盆地大分県日田市でダイニングバーSTEPSを営む。 ・1967年生れ。地元日田高校から埼玉県城西大学へ、卒業後福岡にて宝石屋、レオタード屋さんを経て2003年帰郷。 ・STEPSを営む傍、2010年より野外音楽イベント「ボンチサウンドフェノメノン」を企画運営。 ・2013年から地元情報誌「ヒタスタイル」にてコラムを連載中。 ・2014年から音楽サイトにて記事を執筆。 ・2017年「ステップスカラー」オープン