久留米のランチ 松尾食堂

松尾食堂 親子丼

こんにちは日田市のバーステップスカラーのkiyoです。

久留米で○○食堂と言えばラーメン屋、ひろせ食堂沖食堂が有名です。で今回のランチは松尾食堂。しかしラーメンではないのですね実は!丼物!

早速行ってみましょう!

松尾食堂

松尾食堂

車の飲み屋街、大通りを一本入った所に時間から取り残されたようにひっそりと佇んでいます。

松尾食堂

2018年現在、懐かしさをも通り越したような玄関、中に入るともう昭和レトロを意識して作られたお店とは異なる雰囲気。まさに本物の時が刻まれた建物の持つ重厚感と優しさがある。

松尾食堂

松尾食堂

松尾食堂

床のコンクリートも古く水平を保っていない。椅子のビロード生地は国鉄の汽車をほうふつとさせる。

中に入った瞬間感感じる懐かしいい匂い、少しホコリっぽくて湿気を帯びた空気は、ここで醤油や味噌、日本酒を醸したらいいもの出来そうな微生物の感じがする。

松尾食堂メニュー

板に書いてあるメニューのみ! 肉丼 肉丼(卵入り) カツ丼 親子丼 以上の4種類。潔い!

松尾食堂 肉丼

松尾食堂 肉丼

松尾食堂 肉丼

松尾食堂 肉丼

お店の名前入りの蓋つき丼でやってくる。

チェーン店の牛丼ではなく、あくまで肉丼。

牛丼は汁と一緒にかき込むイメージだが、ここの肉丼は汁気はほとんどなくおかずになりえる肉の煮込みを丼に乗せたという感じ、昭和の昔自宅で母が作ってた牛丼に近い、しかも懐かしさだけの味ではなくきちんと現代でもウマイ。

松尾食堂の親子丼

松尾食堂 親子丼

松尾食堂 親子丼

親子丼 松尾食堂

こちらの親子丼もお店の名前入り丼で登場! 登場の時点でもう肉丼と違って、つゆだくですよとアピールするように蓋の淵からあふれ出てくる汁が頼もしい。

濃厚な黄色に白身のところの白もいい白だ。親子丼好きにはたまらないバランス。卵の硬さもちょうどいい今まで食べた親子丼の中でもトップクラス!

松尾食堂

こういう、割りばし袋も少なくなってきた。店構えからこの箸袋、名前入りの丼。料理の味だけでなく五感で楽しめるお店松尾食堂。ごちそうさまでした!

久留米のランチ 松尾食堂の情報

The following two tabs change content below.

Kiyo

・九州の盆地大分県日田市でダイニングバーSTEPSを営む。 ・1967年生れ。地元日田高校から埼玉県城西大学へ、卒業後福岡にて宝石屋、レオタード屋さんを経て2003年帰郷。 ・STEPSを営む傍、2010年より野外音楽イベント「ボンチサウンドフェノメノン」を企画運営。 ・2013年から地元情報誌「ヒタスタイル」にてコラムを連載中。 ・2014年から音楽サイトにて記事を執筆。 ・2017年「ステップスカラー」オープン