九州の小京都ひた豆田に現れた小さな宿「水処稀荘」

水処稀荘

日田の観光人気スポット豆田町その街の入口に、古民家をリノベーションし、地元の職人たちが作り上げた和の癒しの空間を持った宿がオープンしました。

一足先におじゃましましたので、素晴らしい内装をご覧ください。

水処稀荘一階

水処稀荘

水処稀荘

水処稀荘

一階ダイニングルームには広くててしっかりしたテーブル、キッチンがついてあり長期滞在や、地元の食材を買ってきての料理も楽しめそうです。

水処稀荘

玄関のフックも木製できちんとしています。

水処稀荘階段

水処稀荘

水処稀荘

水処稀荘 二階

階段を飲モルトベッドルームと二つの和室が完備してあります。

水処稀荘

水処稀荘

床の間には季節の草花が飾られて和の癒しを演出しています。

水処稀荘

水処稀荘

水処稀荘

水処稀荘

水処稀荘

窓には木材を使った職人技が楽しめます、そそてその窓を開ければ豆田の街並みを見下ろすことができます。

水処稀荘

祇園祭や天領祭りは特等席になること間違いなしです。

水処稀荘

水処稀荘

水回りには日田の小鹿田焼が使用されています。

水処稀荘 土壁

水処稀荘

水処稀荘

和室の入り口にも左官の業を駆使した遊びが施されています。

水処稀荘

水処稀荘

壁もこの通り、経年変化を楽しむ土壁、見ててあきません手触りもいいです。

水処稀荘

こちらの飾りも土壁、しばらく見ても飽きません。

豆田の入り口の登場した水処稀荘、思わず長期滞在したくなる素敵な宿です。九州の玄関口福岡からのアクセスも良く、別府や湯布院、熊本、阿蘇、黒川など北部九州の観光地へのアクセスも良い日田市、水処稀荘を拠点に北部九州を刊行するのもオススメです。

水処稀荘の情報




The following two tabs change content below.

Kiyo

・九州の盆地大分県日田市でダイニングバーSTEPSを営む。 ・1967年生れ。地元日田高校から埼玉県城西大学へ、卒業後福岡にて宝石屋、レオタード屋さんを経て2003年帰郷。 ・STEPSを営む傍、2010年より野外音楽イベント「ボンチサウンドフェノメノン」を企画運営。 ・2013年から地元情報誌「ヒタスタイル」にてコラムを連載中。 ・2014年から音楽サイトにて記事を執筆。 ・2017年「ステップスカラー」オープン