水郷日田 三隈川ミュージックボート出航!

三隈川ミュージックボート

2018年1月から動き出す水郷日田の三隈川ミュージックボート!

新年1月から3月まで、月に1回土曜日の夜に現れる謎の船「三隈川ミュージックボート」

山陽館下ボート小屋につけられた屋形船が極上のライブハウスに変身いたします、しかも入場無料!

素晴らしいロケーションと揺れる船の上で感じるライブは日本でも世界でも他にない唯一の体験、この音楽体験はここでしか味わえない!

それでは気になるラインナップをどうぞ!


えとぴりか 1月20日(土)

2017年水郷日田三隈川ミュージックボートのオープニングを飾るのは「えとぴりか」

日田での初めてのライブしかもミュージック―ボートの杮落し!期待度マックスです!

えとぴりか公式プロフィール

朝倉市出身。小さいころから歌うことを褒められていたので「歌ってみよう」と思ったのが19歳。オリジナル曲を作ると自分自身や自由さが強くなっていくことに気づきアーティストになることを覚悟した。2015年12月地元福岡テレビCM「新型プリウス」楽曲提供&出演。2016年2月1stアルバム「アイデンティティ見聞録」リリース、2017年6月「セパ交流戦」にて国歌独唱など福岡で大活躍中!

えとぴりか公式サイトはこちら




ズクナシmeets三宅伸治 2月24日(土)

そして2月はお待ちかね、ズクナシの登場です、産休明けの久しぶりの日田でのライブはナントあの三宅伸治と一緒にやってきます!このライブが無料なんて!これは事件です。

おりしもこの日は福岡ドームでは日本の歌姫安室奈美恵のラストコンサートが行われる日。日田では我々の歌姫衣美ちゃんがベイビーと一緒に帰ってきます。





こちらは三宅伸治30周年記念アルバム中から「JUMP」錚々たるヴォーカリストの混じってズクナシ衣美、コーラス茜のクレジットが嬉しい。




ズクナシ公式プロフィール

唯一無二のジャパニーズウーマンソウルバンド。ギラギラ衣装でのステージは圧巻。リアルグルーヴと見事なコーラスワークで人の心を歌い踊り、会場中を感動と笑いと熱狂の渦へ巻き込んできた。
2002年活動開始以降、FUJI ROCKをはじめ、数多くのフェスに出演。2011年3月、SXSWを含むアメリカ7都市10公演のツアーに参加。東日本大震災直後の渡米で、溢れる思いを込めた日本語の歌は国境を越え、各地で感嘆と賞賛の嵐が巻き起こり大反響を呼ぶ。
帰国後にもアルバム制作、イベントSOULBOOK開催、140本を超える全国ライブツアー、2度に渡るメキシコツアー等精力的な活動を続け、加藤登紀子、大西ユカリ、千尋はじめ様々なアーティストのバック演奏も重ねてきた。
2016年衣美の出産を機に活動休止。2017年初夏、再始動。
人との出会い、音との出会いを繋げ、今なおその輪は広がり続けている。

三宅伸治公式プロフィール

ブルースやソウルに根ざしたロックンロールを歩み続けるヴォーカリスト/ギタリスト。

1987年に「BACKしよう」(MOJOCLUB)でデビュー。1989年東芝EMIよりメジャーデビュー。同時期、覆面バンドタイマーズとしても活動する。MOJOCLUB活動休止後はソロ活動を開始、全国各地で精力的にライブを行う。忌野清志郎をはじめ、仲井戸“CHABO”麗市、石田長生、木村充揮、有山じゅんじ、友部正人、山崎まさよし、ウルフルケイスケなど、様々なアーティストとユニットを組んでライブ活動を行ったり、数多くのセッションでイベントなどに参加。また忌野清志郎&NICE MIDDLE with NEW BLUEDAY HORNSのバンマスとして活動し、清志郎氏との共作で楽曲も多く手掛けた。
2005年からスタートした三宅伸治バンド(大島賢治・高橋”Jr”知治)は、10周年を迎え、初アルバム「slave」を発売。定期的にツアーも行っている。
2012年から行われている出身地宮崎での口蹄疫からの再生・復活を目的としたイベント「希望と太陽のロックフェス」ではプロデュースも手掛ける。近年では石塚英彦や中村耕一など様々なアーティストのプロデュースも行う。
弾き語りからバンドスタイルと独自のロックンロール道を突き進むソロ活動は北は北海道から南は九州・沖縄まで年間160本にも及ぶライブを行い、その勢いから目が離せない。

ズクナシmeets三宅伸治プロフィール

2017年、デビュー30周年の三宅伸治と15周年のズクナシで、共同制作アルバム”陽だまり”をリリース。各所で共にライブを行い、また三宅伸治トリビュートアルバム”ソングライター”にズクナシも一曲参加している。

ズクナシ公式サイトはこちら

三宅伸治公式サイトはこちら

Colteco 3月17日(土)

そして水郷日田三隈川ミュージックボートのラストを飾るのはコルテコ!

coltecoと日田との関係は知る人ぞ知る関係なんです実は!ミュージックボートのラストを飾るにふさわしいアーティストです!





こちらはsanabagunのMCリベラルをフューチャーした1曲




COLTECO公式プロフィール

福岡産 SYNTH de POP

これまでにアメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、スイス、オーストラリア、リトアニア、韓国、上海、台湾、フィリピン等、その楽曲が世界中でオンエアー、リリースされており。アパレルショップChampionへMixCD作品の提供、CMソングや、TV番組のバックミュージック製作、国内外のRadio番組へDJMixの提供など。ソロ(ORANCHA )としても活動するサトウ ショウゴを中心に、Yohei (key)、Bancho(dr)により結成。

80’sDISCO,NEW WAVE,TECHNO POPといったジャンルを現代にアップデートした個性的でスタイリッシュなサウンドを展開する。 そのサウンドは音楽業界はもちろん、アパレル、美容、ファッション、さらには日本の枠からも飛び出し、アジア圏からも注目を集めている。 2015年、1st mini Album”Bastard 7th”がリリースされ完売。さらに同年、2nd mini album “Bastard 9th”を発表。2016年、韓国のKIRINをFeatした7inch Vinylがリリース。2017年、1atFull Album「ALBUS」を発表。J-WAVEにて2曲が上位ランクイン。さらに同年、リベラル(SANABAGUN.)との共作7inch VinylがGIMMICK-MAGICよりリリース。

基本的な活動は福岡と全国、海外を行ったり来たり。

コルテコの公式サイトはこちら

水郷日田 三隈川ミュージックボートの情報

  • 2018年1月20日、2月24日、3月17日 19:00オープン
  • 大分県日田市三隈川山陽館船着き場「sakura-maru」
  • 入場無料 要1ドリンクオーダー
  • お問合せ ステップスカラー 090-8419-3392
  • フレッツ光でUSEN音楽放送を楽しもう!
The following two tabs change content below.

Kiyo

・九州の盆地大分県日田市でダイニングバーSTEPSを営む。 ・1967年生れ。地元日田高校から埼玉県城西大学へ、卒業後福岡にて宝石屋、レオタード屋さんを経て2003年帰郷。 ・STEPSを営む傍、2010年より野外音楽イベント「ボンチサウンドフェノメノン」を企画運営。 ・2013年から地元情報誌「ヒタスタイル」にてコラムを連載中。 ・2014年から音楽サイトにて記事を執筆。 ・2017年「ステップスカラー」オープン