ニッカ セッション入荷! NIKKA SESSION

ニッカ セッション

こんばんは大分県日田市のバー、ステップスカラーのkiyoです。

日本のウイスキージャパニーズウイスキーの品薄は長く続いていますね。

そんな中新作リリースのニュースが!

 

 

ニッカ セッション !

ニッカセッション

ニッカ セッション

印象的な青いボトル セッション

日課に内容な ニッカに無いような青い洗練されたボトルです!

モルトブレンデッドで、一説には余市、宮城峡そしてスコッチのベンネヴィスのブレンドということらしいです。

最初思ったよりもアルコール感がグッとくるにですが、その後ゆっくりと飲むにつレ、良い余韻と甘みや若干のピートを感じます。

まずはストレートで行きましたが、個人的にはハイボールが心地よかった。

昨夜は10月なのに結構蒸し暑い夜だったせいかもしれません。

数量限定品ということで、まずは一本の入荷です。

秋の夜にゆっくり楽しみましょう。

ニッカセッション公式サイト

ニッカセッション商品情報

以下、公式サイトよりの引用です

ブレンドに取り組む前に、ブレンダーは、ふと考えた。
新しいウイスキーをつくる、ということが
今までにないおいしさをつくることであるのなら、
まずは「ウイスキーかくあるべし」という
固定観念を捨て去るべきではないか。
視野を狭くするような約束事は、
一度きれいに忘れてしまおう。
ルールは、ふたつだけ。
誰でも気負いなく楽しめるウイスキーであること。
かと言って、ただ飲みやすいだけではない、
古くからのウイスキーファンも虜にするほど
おいしいウイスキーであること。
あえてグレーンを使わないブレンデッド・モルトで、
やってみよう。
これが、チャレンジの始まりだった。

ブレンダーがイメージしたのは、音楽。
凄腕のアーティストたちによるセッション。
類まれな才能と技術を持つ演奏家たちが、それぞれ持ち味を発揮しながら
肩の力を抜いて遊ぶように、心地よいサウンドを展開する。
そんなウイスキーは、できないだろうか。
ブレンダーは試みを重ね、
スコットランドのモルトと日本のモルトの組み合わせにヒントを見出した。
ハイランドで育まれた、フルーティーでかろやかなベン・ネヴィスや、
華やかな香りを咲かせるスコティッシュモルトの数々。
そして、ふくよかな宮城峡モルトと、力強い余市モルト。
個性豊かなモルトたちが出会い、圧巻のパフォーマンスが始まった。

イントロは、明るく華やかに弾むフルーティーな香り。
つづいて、熟成を重ねてクリーミーななめらかさを身につけたスコティッシュモルトが
バニラのような香りを漂わせながら、甘いメロディーを繰り広げる。
ベースに流れるのは、おだやかな宮城峡モルト。
ゆるやかにうねるリズムで、個性的なスコティッシュの音色をまとめあげる。
エンディングは、ややビターに。
ヘビーピートの余市モルトが、わずかに緊張感漂う余韻となって、静かにつづく。
複雑で重層的なのに、思わず微笑んでしまうようなおいしさ。
これが、ニッカウヰスキーのセッション。
ブレンダーの想いがつくった新しい音楽が、飲む人を心地よく引き込んでいく。

The following two tabs change content below.

Kiyo

・九州の盆地大分県日田市でstepscolorを営む。 ・1967年生れ。地元日田高校から埼玉県城西大学へ ・卒業後福岡にて宝石屋、レオタード屋さんを経て2003年帰郷 ・2010年より野外音楽イベント「ボンチサウンドフェノメノン」を企画 ・2013年から地元情報誌「ヒタスタイル」にてコラムを連載 ・2014年から音楽サイトにて記事を執筆 ・2017年「ステップスカラー」オープン ・2019年 地元テレビ局KCVにて「噂のマスターに会いに行く」コーナー担当日田のうまい飲み屋を紹介しています。