あの手の天ぷら 甘木七八

天ぷら七八

こんにちは、日田のバー ステップスカラーkiyoのです。

揚げたての天ぷらは福岡ならでは

福岡で十数年サラリーマンをしていた。

当時定期的に食べたくなるのが あのてのてんぷら

そう あのてのやつだ。

福岡では一般的だったが、東京や他の都市から来た人々にも大好評のあのてのてんぷら。

てんぷらって他の大都市では高級料理屋さん、もしくは蕎麦屋。

あのてのてんぷらは珍しいらしい。

福岡にはあのては幾つかある、ひらお、だるまが両巨頭。

ご自由日どうぞは、高菜、塩辛が両巨頭。

当時はこれだけでひとまずご飯一杯をやっつけていた。

今でもたまに無性に食べたくなるが、そのためだけに福岡まで行くエネルギーもなくなってきた。

そのころ車で小一時間のところにオープンしたこの店

朝倉にもついにできた天ぷら

久しぶりに車を飛ばした。

天ぷら七八

天ぷら七八メニュー

天ぷら七八メニュー

この手はメニューを選んで食券機が基本。

天ぷら七八

店内もこの感じ

天ぷら七八

天ぷら七八

塩辛と高菜 最近はご飯一杯で満足

天ぷら七八

しかしながら、この名前がわからないてんぷら置きにてんぷらが来る迄 ご飯をやってしまう。

早くも ご飯とおかずの事業計画に狂いが生じはじめる。

天ぷら七八

お待ちかねのてんぷら

天ぷら七八

ここで気付く。

このてのてんぷらやさん、写真に向いてない。

そう、揚げたてを次々に持って来てくれるこのての店 食べる方は嬉しいのだが食べることに忙しく、写真を撮れないし、その都度食べるので、てんぷらの全体像を撮ろうと思ったら最後のネタまで食べずに待つしかない。

そんなことは食べ物に失礼だ。

ってことで肝心のてんぷらの写真はしょぼいが、やはり揚げたては美味しい。

朝倉 あげたて天ぷら七八の情報

関連ランキング:天ぷら | 甘木駅(西鉄)甘木駅(甘木鉄道)馬田駅

The following two tabs change content below.

Kiyo

・九州の盆地大分県日田市でstepscolorを営む。 ・1967年生れ。地元日田高校から埼玉県城西大学へ ・卒業後福岡にて宝石屋、レオタード屋さんを経て2003年帰郷 ・2010年より野外音楽イベント「ボンチサウンドフェノメノン」を企画 ・2013年から地元情報誌「ヒタスタイル」にてコラムを連載 ・2014年から音楽サイトにて記事を執筆 ・2017年「ステップスカラー」オープン ・2019年 地元テレビ局KCVにて「噂のマスターに会いに行く」コーナー担当日田のうまい飲み屋を紹介しています。